季節の花だより はなつうWEST Blog

季節の花便りを定期的に更新しています [ Seasonal flowers in Japan ]

金冠山

金冠山 ナナカマドの花

ナナカマドの花2
金冠山ハイキングコース沿いではヤマツツジ以外にも様々な花が咲いていました。
遠目からでも目立つ白い花をたくさん付けた木。ウツギかズミの仲間かと近づいてみたところナナカマドの花のようです。(5月22日撮影)

ナナカマドの花
秋の山でいち早く真っ赤に紅葉するナナカマドですが、緑の葉に白い花弁という春にありがちな配色なので見逃してしまいがちです。近くによって観察してみると、小さな5枚の花弁を持つ花が密集して開花している様子がわかります。バラ科の落葉高木ということで花弁も野バラによく似ています。

ハコネウツギ
その他にもハコネウツギや真っ白の花のウツギなども多く目にしました。
本格的な梅雨に入る前にまた訪れたいと思います。



金冠山 ヤマツツジが咲くハイキングコース 2022

金冠山のヤマツツジ2022-1
西伊豆・金冠山へのハイキングコース沿いではヤマツツジが見頃です。(5月22日撮影)
達磨山レストハウスから金冠山山頂まではゆっくり歩いて40〜50分程度、緩やかな芝生の防火帯が続く人気のハイキングコース沿いでは至る所でヤマツツジが開花していてとても鮮やかです。この時期に訪れるのは初めてで、こんなにたくさんのヤマツツジが自生しているとは知りませんでした。カーブを曲がる度に鮮やかなオレンジ色のヤマツツジの花が目に留まりとても楽しかったです。

金冠山のヤマツツジ2022-2
もう散り始めている木もありましたが、まだまだつぼみを多く付けているものもあります。見頃のピークとしてはあと1週間程度でしょうか。達磨山レストハウスの駐車場はお昼前には満車になってしまうこともよくあります。少し早めに到着した方が確実に駐車できると思います。

西伊豆 金冠山のヤマツツジ 2022

金冠山のヤマツツジ
手軽なハイキングスポットとして人気の金冠山。アセビやマメザクラのシーズンは終わり、ヤマツツジが開花し始めていました。(5月3日撮影)
群生しているという訳では無いものの、ハイキングコース沿いで所々赤い花を咲かせています。伊豆半島ではシャクナゲ始めツツジの仲間が多く自生していて目を楽しませてくれます。


金冠山202205-1
金冠山山頂から北側を望む。新緑と赤やオレンジのアセビの新芽が綺麗です。もうしばらくすると笹原も緑になってより綺麗になります。

話は変わりますが、上の写真の辺りではNHKの大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の撮影が行なわれたそうです。それは良いのですが、笹原の中央を抜ける芝生のハイキングコースが各所で丸く抉られてボコボコになっていて歩きづらくなってました。撮影には馬も持ち込まれたそうなので一面を蹄で削ってしまったのでしょう。
このコースは芝生でクッションが良く、眺望も開放感もあってあまり足下には注意しないで歩ける場所だったのに、今では足下に注意しないと丸く抉られた穴で足首をグネっとやってしまいそうです。
行政は一度確認をしてNHKに原状復帰させるべきではないでしょうか?

伊豆 金冠山のマメザクラ開花状況 2021

金冠山のマメザクラ2021-2
西伊豆の金冠山にマメザクラを見に行きました。達磨山高原レストハウスから山頂まで、所々で小さい花を咲かせていましたが、全体としてはまだ咲き始めたところです。(3月27日撮影)
見頃を迎えると、この山腹が白色〜淡いピンク色で全体が彩られてとてもきれいになります。今年は少し開花が早いとはいえ、あと1週間から10日前後かかりそうです。

伊豆の山々の桜はヤマザクラやオオシマザクラを中心に見頃を迎えていて、来週にはソメイヨシノも満開になりそうです。

伊豆 金冠山のアセビ 2021

金冠山のアセビ2021-1
沼津市の金冠山は手軽なハイキングコースとして人気です。伊豆市側の達磨山高原レストハウスから歩いて30分〜40分程度で山頂まで行けて、山頂からは富士山と駿河湾が一望できる絶景が楽しめます。
この一帯はアセビの木が多く自生していて、無数のつぼみが開花の準備をしていました。


金冠山のアセビ2021-2
山頂近くのアセビのトンネルもかなり色付いています。クリーム色でまもなく開花しそうな木もありました。

伊豆 金冠山のマメザクラ開花状況 2020-2

金冠山202004-3
先週末はまだ開花が進んでいなかった金冠山のマメザクラ。1週間後に再び訪れると、8分咲き程度まで開花が進んでいました。(4月11日撮影)
金冠山や達磨山方面の山腹が白やピンクで彩られていて、こんなにたくさんのマメザクラが自生していたことに驚きました。


金冠山202004-4
戸田峠駐車場脇の、かなり立派な枝ぶりのマメザクラ。今年はもう見納めです。

伊豆 金冠山のマメザクラ開花状況 2020

金柑山202004-1
西伊豆・達磨山の北側の金冠山一帯はマメザクラ(富士桜)がたくさん自生していて、ソメイヨシノの見頃が終わった頃に満開となります。山の斜面や達磨山方面の景色が一斉に色づいてとても綺麗なのですが、今年はまだ早かったようです。(4月3日撮影)

金柑山202004-2
おそらく今年は、4月10日前後に見頃を迎えると予想しています。
外出自粛要請の件もありますが、この日のハイキングコースは10組程度すれ違っただけで、山頂では貸し切り状態で昼食を楽しむことができました。車の車窓からでもお花見は楽しめますので(今年は自己責任ですが)ドライブもオススメです。


金冠山のアセビの花 2020

金冠山のあせび2020-2
沼津市内の金冠山は多くのアセビが自生しています。アセビの開花は通常はまだ少し先ですが、山頂近くの日当たりの良い場所では早くも開花していました。(3月1日撮影)

金冠山のあせび2020-1
沼津市民の森からのハイキングコースはアセビのトンネルのようになっていて、開花時期には真っ白な小さい花が鈴なりになります。



伊豆 金冠山のマメザクラがきれいです 2019

金冠山のマメザクラ2019-1
沼津市と伊豆市にまたがる金冠山。この季節はマメザクラ(富士桜)に山全体が彩られます。達磨山レストハウスから気持ちの良いハイキングコースを歩くことで美しい景色を堪能できます。
この日はあいにく薄曇りでしたが、マメザクラやオオシマザクラ、山桜などに彩られてとてもきれいでした。(4月21日撮影)


金冠山のマメザクラ2019-2
マメザクラには白い花とピンクがかった花の種類があるようです。撮影日には少し散り始めていたのですが、小ぶりな花が風に舞って花吹雪になっていました。
ドライブするだけでも楽しめるお薦めスポットです。

伊豆 達磨山ハイキングコース沿いの赤い実

ヤマボウシの実
達磨山高原レストハウスに車を止めて、金冠山・達磨山方面のハイキングコースを歩きました。金冠山までのコースは良く整備されていて、とても歩きやすく気持ちの良いコースです。金冠山までなら30〜40分程度の所要時間で、天気が良ければ頂上からは富士山が真正面に見え、眼下には沼津・内浦の美しい海岸線が見下ろせます。また、戸田方面の景観も望めます。

コース沿いでは所々赤い実が目に付きました。上の写真はヤマボウシの実です。一本の木にかなりの数を実らせます。(自分では食べたことはありませんが)食べるととても甘くて、クマの大好物なんだそうです。

ガマズミの実
この真っ赤な実もとても目立ちました。ガマズミかその仲間の実だと思われます。
せっかくキレイにコース整備されているのですから、主立った木々のネームプレートや説明を表示してくれたらもっともっと楽しめたのに…と思いました。

Archives
はなつうWEST Blogとは
フラワーショップ・スクールをサポートする広告会社・インターワークス社が運営しています。
身近な花便りを定期的に更新しています。
記事検索