季節の花だより はなつうWEST Blog

季節の花便りを定期的に更新しています [ Seasonal flowers in Japan ]

仁和寺

京都 仁和寺南庭の見事な這松 2024

仁和寺の這松2024-1
御室仁和寺の二王門(正門)を入ってすぐ左手に南庭と呼ばれる広いお庭があります。普段一般公開されている場所で、将棋の竜王戦の対戦場所にもなっています。
その南庭を入ってすぐに目に飛び込むのは見事な這松です。特に右側の松の木のボリュームは圧巻です。相当丁寧に手入れされているのでしょう。この日も造園業者の方が朝から作業をされていました。


仁和寺の這松2024-2
分かりにくいかもしれませんが、大きく広がる這松の枝は右側の1本の木から広がっています。よく折れずに形を保っているものだと感心させられます。
庭園内には他にも様々な植物が配置されていてとても美しい庭園でした。残念だったのは建物の修復工事の都合で「右近の橘」が抜かれてしまっていたことです。修復が完了したらまた訪れてみたいです。

HOME花便り > 京都 仁和寺南庭の見事な這松 2024

京都 1月なのに御室仁和寺でミツバツツジが咲いていました 2024

御室仁和寺のミツバツツジ2024-1
令和6年1月6日〜3月18日まで「京の冬の旅」特別公開中の御室仁和寺を訪れました。
今回特別公開されるのは金堂(本堂)です。金堂は境内の一番奥なので広い境内を歩いていると参道脇にピンク色の花が目に飛び込んできました。早咲きの桜かも?と近づいていくとミツバツツジの花でした。(1月13日撮影)

御室仁和寺のミツバツツジ2024-2
仁和寺の境内にはミツバツツジが多く植栽されていますが、開花しているのはこの一本のみ。ミツバツツジは通常4月頃に開花するので驚きです。この日はとても寒く、晴れたり時雨れたりの京都らしい天気でした。春の気配など全く感じられませんでしたが少しずつ春が近づいているのでしょう。

仁和寺金堂2024
今回の仁和寺の特別公開では金堂の内部が5年ぶりに公開されています。金堂の建物自体が国宝で、靴を脱いで入る内部は薄暗く、暖房器具を使うことができないためとても寒かったです。お坊さんの丁寧な説明はありがたかったのですが、足の指先の感覚が無くなってくるほどでした。
その反面、人の出入りと紫外線を制限された内部の壁画の保存状態は素晴らしく、江戸時代初期より一度も修復されていないというのに極彩色を保っていました。とくに金堂裏堂の五大明王壁画の鮮やかさには驚かされました。
仁和寺といえば「御室の桜」が有名ですが、この時期の境内は訪れる人はまばらでゆっくりと見学できるのでぜひ訪れてみてください。

HOME花便り > 京都 1月なのに御室仁和寺でミツバツツジが咲いていました 2024
Archives
記事検索
ギャラリー
  • サンセベリアの開花が始まりました2 2024
  • サンセベリアの開花が始まりました2 2024
  • サンセベリアの開花が始まりました 2024
  • サンセベリアの開花が始まりました 2024
  • サンセベリアの開花が始まりました 2024
  • サンセベリアの花が咲きそうです 2024
  • サンセベリアの花が咲きそうです 2024
  • 沼津 蛇松緑道でムクゲの花が咲いていました 2024
  • 沼津 蛇松緑道でムクゲの花が咲いていました 2024
  • 沼津 蛇松緑道でムクゲの花が咲いていました 2024
  • 沼津 トベラの緑色の実 2024
  • モンミュゼ沼津で遠藤和子ボタニカルアート展開催中 2024
  • モンミュゼ沼津で遠藤和子ボタニカルアート展開催中 2024
  • モンミュゼ沼津で遠藤和子ボタニカルアート展開催中 2024
  • 沼津 アガパンサスとサルスベリの花が綺麗です 2024
はなつうWEST Blogとは
フラワーショップ・スクールをサポートする広告会社・インターワークス社が運営しています。
身近な花便りを定期的に更新しています。