季節の花だより はなつうWEST Blog

季節の花便りを定期的に更新しています [ Seasonal flowers in Japan ]

アシタカツツジ

沼津 愛鷹山のアシタカツツジ 2019

アシタカツツジ2019
アシタカツツジを探しに愛鷹山に登ってみました。
既に開花のピークは過ぎていて、今年もまた見逃してしまいました。(5月25日撮影)
所々でまだ咲いていましたが、1週間ほど遅かったようです。


ノイバラ2019
途中の林道脇で野生の薔薇が咲いていました。ノイバラの仲間でしょうか?
サンショウバラのように小さな葉で、とても良い香りがしました。この付近だけアゲハチョウが飛び回っていたので卵を産む場所を探していたのかもしれません。

2018年のアシタカツツジの様子はこちら



HOME花便り > 沼津 愛鷹山のアシタカツツジ 2019

愛鷹山 ミツバツツジとアシタカツツジ

ミツバツツジ2018
愛鷹山の最高峰・越前岳のハイキングコース沿いにはこの地域でしか見られない固有種「アシタカツツジ」が多く自生しています。
5月12日現在、開花しているツツジの多くがトウゴクミツバツツジでした。標高の低い場所ではすでに散っている木が多く、山頂に近づくに従って満開の綺麗な花を咲かせていました。一方、アシタカツツジはまだほとんどがつぼみの状態で、見頃は1〜2週間後でしょうか。

アシタカツツジ2018
アシタカツツジも稀に開花はしています。トウゴクミツバツツジよりも少し濃いめの花色ですが、交雑種も多くてぱっと見だけでは見分けが付きにくいです。

 
HOME花便り > 愛鷹山 ミツバツツジとアシタカツツジ

十里木高原 アシタカツツジ群生地

アシタカツツジ2017-1
裾野市の十里木高原のアシタカツツジ(愛鷹躑躅)原生群落を訪れました。(5月27日撮影)
別荘地の管理事務所の方によると、昨日の雨の影響で多くの花が落ちてしまったそうで、今年の見頃はそろそろ終了です。
アシタカツツジは愛鷹山周辺などでしか見られない希少種で、この場所は貴重な原生群落として裾野市の天然記念物に指定されています。この時期に愛鷹山に登れば稜線付近に多くのアシタカツツジを見られますが、徒歩10分程度で行けるこの場所は手軽でオススメです。

アシタカツツジ2017-2
この場所は十里木の別荘地の中にあるので、必ず管理事務所の指示に従って、マナーを守って見学するようにしてください。

 
HOME花便り > 十里木高原 アシタカツツジ群生地

愛鷹山 アシタカツツジが見頃です 2016

アシタカツツジ2016-1
静岡県の愛鷹山では、この辺りでのみ分布する希少なアシタカツツジが見頃を迎えています。
(5月21日撮影)
この写真は愛鷹山〜位牌岳の稜線上の高度約1,200M付近で撮影しました。至る所で咲いて、そのたびにカメラを向けているので、歩行ペースは一向に上がりません。今年は開花が早く、見頃は終盤を迎えています。

アシタカツツジ2016-2
アシタカツツジの特徴は、葉が5枚で雄しべが10本、ミツバツツジよりも小ぶりな花が特徴です。
周辺にはミツバツツジやトウゴクミツバツツジも多く咲いていて一見では種類が分かりにくいですが、慣れてくるに従ってすぐにで判別できるようになりました。ただ、他のツツジとの交配種も多く判断に迷う株も多いです。
 
ヤマツツジ
こちらは池ノ平へ下る稜線脇に咲いていたヤマツツジ。オレンジ色がとても鮮やかでした。

 
HOME花便り > 愛鷹山 アシタカツツジが見頃です 2016
Archives
はなつうWEST Blogとは
フラワーショップ・スクールをサポートする広告会社・インターワークス社が運営しています。
身近な花便りを定期的に更新しています。
記事検索