長者ヶ原の山ツツジ2024-2
松崎町の高通山のヤマツツジの花を楽しんだ後、(地図上では)すぐ近くの長者ヶ原のヤマツツジの開花の様子を確かめに向かいました。2016年にも訪れていて、その時は見頃のピークが過ぎていたので今回はとても期待していました。
かなり細い山道を車で上り駐車場について公園方面を見渡すと、一面ススキの枯れ草に覆われていて以前とは全く違った景色に驚きました。(5月4日撮影)

長者ヶ原の山ツツジ2024-1
ヤマツツジは開花はしているものの背の高い藪に覆われてほとんど隠れてしまっています。約12,000本といわれる伊豆地方最大のヤマツツジの群生地の中心部は目の前の低い山の山頂付近。生い茂った藪は中腹辺りまでいけばましになるだろうと遊歩道を500M位歩いたのですが、わずかな踏み跡のみで延々と藪が続きコースは極めて不明瞭、マムシ注意の看板がいくつかあったこともあって引き返しました。

以前訪れた時の様子は過去のブログでご覧ください。





長者ヶ原の山ツツジ2024-3
松崎町のWEBサイトで直近の開花状況が紹介されていたので期待をしていただけに残念です。現在の公園の状況はもはや観光地として紹介するのは危険なレベルです。GPSと国土地理院地図を用意しなければ軽く遭難するレベル。背の高い藪でコースが不明瞭ですし、そもそもヤマツツジの花も藪の隙間から見える程度。頂上までたどり着ければもう少しましなのかもしれませんが、地理に不案内な観光客には全くお勧めできません。
上の写真のビジターセンターも当然閉まっていますしトイレもありません。駐車場は開けていてとても気持ちの良い場所なだけに本当に残念でした。