季節の花だより はなつうWEST Blog

季節の花便りを定期的に更新しています [ Information of Seasonal flowers in Japan ]

西伊豆 ヤマザクラとマメザクラ 2021

戸田峠のヤマザクラ2021
例年より早いタイミングで開花している桜の花。標高が比較的高い西伊豆スカイラインの入口・戸田峠のヤマザクラはまだきれいな花を咲かせていました。(4月11日撮影)
達磨山〜仁科峠の間でもこれから満開を迎えそうなマメザクラが多くありました。それでも、今年のお花見はあと1週間程度でシーズン終了となりそうで、少し寂しい気分です。

沼津 千本松原の野いちごとウラシマソウ

千本松原のカジイチゴ
沼津市の千本松原を散策していると、白い花を沢山咲かせている野バラのような木を見つけました。結構な大きさですが茎にはとげが無く、葉っぱもバラっぽくありません。多分野いちごの仲間だろうと考え調べてみると、どうやら「カジイチゴ」という野いちごらしいです。
カジイチゴは本州の太平洋側の海岸や海岸近くの山間に自生し、甘酸っぱい実を付けるそうです。これだけ花を付けているということは、実もたくさん付きそうで楽しみです。


ウラシマソウ2021
カジイチゴの周囲の足下をよく見てみると、ウラシマソウの濃い紫色の花が至る所で咲いていました。ウラシマソウは日本原産の植物で、林の中でも木漏れ日や日差しが指す場所に自生するそうです。千本松原の中のこの場所も、まさにそんな環境でした。
「浦島草」の名前は浦島太郎が使っている釣り竿のように見えることから付けられ、花弁の先端が細長く伸びて垂れ下がったり上へ伸びたりしています。

沼津 香貫山で大漁桜が見頃です 2021

香貫山の大漁桜2021-1
沼津市の香貫山はヤマザクラが多く自生し、また様々な種類のさくらが植えられている桜の名所です。この写真は大漁桜が植樹されたエリアで、遠目にもピンク色の花が目立ちます。(3月26日撮影)


香貫山の大漁桜2021-3
大漁桜は熱海市で生み出された園芸種で、花色がサクラダイの色に似ていることから名前が付けられたそうです。花色はピンク色で、河津桜よりも薄めの色です。ソメイヨシノよりも少し早く開花するとのこと。

香貫山の桜は、ヤマザクラは満開から散り始め、ソメイヨシノはは5分咲き程度、八重の園芸種は主に開花前といった状況でした。また、三春の滝桜から株分けされた紅枝垂れは見頃は終わっていました。

伊豆 金冠山のマメザクラ開花状況 2021

金冠山のマメザクラ2021-2
西伊豆の金冠山にマメザクラを見に行きました。達磨山高原レストハウスから山頂まで、所々で小さい花を咲かせていましたが、全体としてはまだ咲き始めたところです。(3月27日撮影)
見頃を迎えると、この山腹が白色〜淡いピンク色で全体が彩られてとてもきれいになります。今年は少し開花が早いとはいえ、あと1週間から10日前後かかりそうです。

伊豆の山々の桜はヤマザクラやオオシマザクラを中心に見頃を迎えていて、来週にはソメイヨシノも満開になりそうです。

西伊豆 ヤマザクラが開花しています 2021

西伊豆の大島桜2021
伊豆半島は大島桜をはじめとする数多くのヤマザクラが自生しています。例年、野生種の桜の多くがソメイヨシノの1〜2週間前に満開となります。
上の写真は西伊豆の海岸線を走る道路沿いの大島桜で、土肥〜戸田の途中で見ることができます。今年の伊豆の桜はほぼ例年通りのタイミングで開花しているようで、この大島桜も5分咲き程度、今週末に見頃を迎えそうです。(3月22日撮影)
ちなみに、手前から2本目の桜は多分、大島桜の亜種で香りがほとんどしません。色もわずかにピンクがかっています。その奥のソメイヨシノ(多分)も5分咲き程度なので、同じタイミングで満開になりそうです。

この日に西伊豆をドライブしか感じでは、戸田以南ではかなり開花が進んでいて、戸田〜沼津では開花している桜は少なめでした。


達磨山高原の豆桜2021
この写真はだるま山高原レストハウス駐車場脇に自生するマメザクラ(富士桜)です。他の桜よりも遅めに木頃を迎えるマメザクラですが、今年は少し早そうです。

Archives
はなつうWEST Blogとは
フラワーショップ・スクールをサポートする広告会社・インターワークス社が運営しています。
身近な花便りを定期的に更新しています。