季節の花便り はなつうWEST Blog

季節の花便りを定期的に更新しています [ Information of Seasonal flowers in Japan ]

沼津

沼津市戸田 橘(たちばな)農園

戸田の橘-2
西伊豆に位置する沼津市戸田地区の山間では、橘の木の農園がありました。
橘(たちばな)は ミカン科ミカン属の柑橘類で、日本に古くから自生していた日本固有の柑橘です。本州の太平洋側に稀に自生し、戸田地区はその北限に当たる貴重な生息域なのだそうです。
ぱっと見はただのミカン類の畑に見えますが、実は古事記にも登場し、その常緑から「永遠」を想像させ尊ばれたという橘。戸田地区では古くから自生する貴重な橘を増やして、リキュールやジャムなどの特産品に育てたいそうです。
 

沼津 大中寺の梅が綺麗です 2018

大中寺201802-1
沼津市の根方街道沿いの大中寺の庭園に梅を見に行きました。とても綺麗に手入れされている庭園に多くの梅の花が咲いていて、とても良い香りがしていました。

大中寺201802-2
あちらこちらにフキノトウが顔を出していて、ちょうど梅の花びらと重なる春らしいシーンも見つけました。

 

沼津 あゆみ橋の寒緋桜 2018

あゆみ橋の寒緋桜2018-1
沼津市役所にほど近いあゆみ橋のたもとは小さな公園になっていて、寒緋桜が綺麗に咲いていました。毎日寒い日が続いていますが、春の気配を感じることができました。

あゆみ橋の寒緋桜2018-2
濃いピンクの花が陽射しを受けて明るく光っています。
この場所には河津桜も10本程度植えられていますが、まだまだ小さなつぼみで、開花は当分先のようです。

 

沼津 ハマナデシコが咲き始めました

ハマナデシコ2017-1
あじさいを目当てに訪れた沼津御用邸記念公園ですが、園内は四季を通じて様々な花を楽しむことができます。ちょうどこの時期は、海側の日当たりの良い場所でハマナデシコが咲き始めていました。
ハマナデシコは本州の太平洋側〜九州〜沖縄まで広く分布し、主に砂地に自生します。

ハマナデシコ2017-2
花色は白色だけでなくピンク色のものもあります。15mm程の小さな花を沢山咲かせるので結構目立っていました。

 

沼津御用邸記念公園のあじさいが見頃です 2017

沼津御用邸記念公園のあじさい2017-3
沼津市の御用邸記念公園ではあじさいが見頃を迎えています。(6月24日撮影)
この写真は公園の外側の遊歩道で、園内よりもむしろ園外の方が沢山のあじさいを見ることができます。この日の状態で8分咲き程度でしょうか。園内のあじさい園も同程度の開花状況でした。あじさいの種類は園内の方が多いようなので、ぜひ入園もして楽しんでみてください。(入園料100円)

沼津御用邸記念公園のあじさい2017-2
あじさいの名所は大変混雑していると思いますが、この公園は空いていて静かに、じっくりとお花見をすることができました。


沼津 春のみどりまつり開催中 2017


沼津駅北口のキラメッセ沼津では、春のみどりまつりが開催中です。
花木の苗や野菜や果物の販売の他に、フラワーアレンジなどの展示販売ブースもあります。地元農産品を使用した食品・スイーツの販売コーナーも数多くあります。
会期は明日23日まで。明日は隣の会場でスクフェス関連イベントもあります。大勢の来場客で混雑しそうなので、早い時間のお出かけをオススメします。

沼津 長浜城跡のバライチゴ

バライチゴ2007
沼津市内浦の史跡・長浜城跡は北条水軍の城跡で、国の史跡です。現在は公園として整備されて、小高い丘からは駿河湾や富士山を望むことができる観光スポットです。この日も家族連れやラブライバーがたくさん訪れていました。 
この史跡のある丘一帯に白い花が沢山咲いていて、よく見てみるとバライチゴ(またはクサイチゴ)の花でした。元々雑草みたいなものですが、至る所に咲いていたのが驚きです。キイチゴの仲間なので実も付けます。これだけまとまっていればジャムもできそうです。
 

沼津 金冠山ハイキングコースのアセビ

金冠山のアセビ1
沼津市と伊豆市の境界付近の低山・金冠山ハイキングコース沿いには多くのアセビが自生しています。
この写真は市民の森からのコース沿いの山頂にほど近い場所で撮影。まだ開花はしていませんがたくさんの小さなつぼみを付けていました。(3月18日撮影)

金冠山のアセビ
このコースは所々、写真のようなアセビトンネルを通り抜けます。開花の時期はとても綺麗なトンネルになりそうです。沼津・市民の森〜金冠山(尾根道コース)の所要時間は約60分、戸田峠からなら20分程度でアクセスできて、山頂からの眺めは絶景です。

沼津御用邸記念公園 ツワブキとオオハマボウ

沼津御用邸のツワブキ2016
沼津御用邸記念公園ではツワブキが至る所で花を咲かせて鮮やかでした。

沼津御用邸のオオハマボウ2016
こちらはオオハマボウ(大浜朴)の葉っぱ。ハート型の葉が黄色く色付いています。
オオハマボウはハイビスカスの仲間で海岸沿いに多く見られ、沖縄ではユウナと呼ばれています。
また、秋篠宮佳子内親王のお印でもあり、そのことから御用邸記念公園内に植えられたのだと思われます。

 

沼津 千本浜でアツバキミガヨランが咲いていました

アツバキミガヨラン
最近は大勢のポケモンプレイヤーで賑わう沼津市の千本浜公園。喧噪を避けて堤防沿いを沼津港方面に歩いていると、アツバキミガヨラン(厚葉君が代蘭)の花が咲いていました。
アツバキミガヨランはリュウゼツラン科の植物で北米原産、春と秋の年2回開花するそうです。 長い花茎がニョキニョキとまっすぐ伸びて沢山の白い花を咲かせます。海風がまともに当たる場所なので派手な花はあまり見かけない中、鈴なりの白い花がとても目立っていました。

余談ですが、この写真の場所から50Mくらい離れた場所でピカチュウをゲットできました。
 
Archives