季節の花便り はなつうWEST Blog

季節の花便りを定期的に更新しています [ Information of Seasonal flowers in Japan ]

櫛形山

櫛形山のサルオガセ

櫛形山のサルガオゼ
櫛形山のカラマツの樹林帯では、場所によって多くのサルオガセを見ることができます。
サルオガセ(猿尾枷)はサルオガセ科サルオガセ属の地衣類の総称なのだそうです。主に落葉広葉樹の樹上に多く見られるそうですが、ここでは主にカラマツに垂れ下がっています。

櫛形山のサルガオゼ
サルオガセをアップで観察すると結構とげとげしています。
垂れ下がっているとレースの様に見えますが、触ってみると細い針金のような堅さを感じます。櫛形山では歩道のロープなどにも生えていたりするので間近に観察することが出来ました。

櫛形山のカラマツ

櫛形山のカラマツ
櫛形山では、ハイキングコース沿いだけでもカラマツの巨木を何本も見かけます。
それぞれ樹齢100〜300年はありそうな、何本にも枝分かれしたみごとな樹形です。


櫛形山のカラマツ
その中でも最大と言われる樹齢300年ほどの巨木。日本一とも言われているそうです。


山梨 櫛形山・アヤメ平 2019

アヤメ平
山梨県北部の200名山・櫛形山にハイキングに行きました。
よく整備されたトレッキングコースで、晴れていれば南アルプスの眺望が楽しめます。
この山は野生のアヤメが咲くことでも有名です。しかし、シカの食害のため絶滅しかけたため、現在はフェンスで厳重に保護されて、その他の山野草とともに復活しつつあります。


アヤメ平
訪れたのは10月初旬。山野草はほぼ終わりかけていました。
わずかに咲くアザミに蝶が留まって一生懸命蜜を吸っていました。

Archives