季節の花便り はなつうWEST Blog

季節の花便りを定期的に更新しています [ Information of Seasonal flowers in Japan ]

花便り

富士山5合目に咲く花

富士山とナナカマドの花
夏の交通規制で行けなくなる前に、富士山・富士宮口五合目に行ってきました。
標高2,000メートル付近はガスっていて真っ白でしたが、標高を上げて雲を抜けると 、雲一つ無い快晴の富士山が目の前にそびえていました。(7月1日撮影)
駐車場のすぐそばでは、ナナカマドの花が満開でした。ナナカマドは下界では5月頃に開花します。

フジハタザオ
同じく駐車場脇の石積みの根元にはフジハタザオが咲いていました。フジハタザオは富士山の固有種で、富士山周辺でしか見られないとても希少な植物ですが、とても小さな花なので見逃してしまいそうでした。
 

沼津 照江寺のアジサイ 2018

照江寺
沼津市江の浦港を望む高台の寺・照江寺はアジサイの隠れた名所です。
ですが今年はもう見頃は終わって、豪快に剪定されている真っ最中でした…
この写真の景色も、本来なら色とりどりのアジサイの花に埋め尽くされていたはずです。
しっかりと手入れをされている様子は良く分かったので来年また訪れてみたいと思います。

 

富士五湖 新緑の紅葉台遊歩道とエゾハルゼミ

紅葉台2018-1
富士山の麓の鳴沢氷穴から紅葉台までハイキングコースを歩きました。
「紅葉台」というくらいなので紅葉の名所でもありますが、この時期は新緑の広葉樹林の中を歩けるとても気持ちが良いコースです。標高1,000メートル前後の緩やかな尾根道が続いていて、下界の蒸し暑さを忘れさせてくれます。

エゾハルゼミ
頂上に近づくにつれ蝉の大合唱が始まりました。
頂上のレストハウスのベンチで休憩しているときにも突然鳴き始めたので目をこらしてみると、ハルゼミを見つけました。茶色っぽい色なのでエゾハルゼミでしょう。透明の羽根はヒグラシのようです。
体長3cmくらいの小さな蝉なのですが、その鳴き声はビックリするくらいの大音量。真夏のクマゼミよりも五月蠅いくらいでした。

 

富士五湖 クマシデの実

クマシデの実2018-1
富士五湖の西湖の外周道路沿いを歩いているときにクマシデの実を見つけました。
シデの仲間は他にもイヌシデなどがあるそうですが、結構大きな実なのでクマシデだと思われます。

クマシデの実2018-2
ホップのような実がたくさん付いていますが、この時期は緑色なので車で通り過ぎるだけでは見逃しそうです。

 

熱川バナナワニ園 バナナとパパイヤ

バナナの実
熱川バナナワニ園の植物園は本園と分園に分かれていて、分園ではトロピカルフルーツやジンジャーなどを見ることができます。また、レッサーパンダなどの動物も飼育されています。
この写真はできたてのバナナの実です。これから大きく育ちます。

パパイヤの実
その他にも様々な種類のパパイヤやマンゴーも植えられていて、レストランでは取れたてのフルーツも食べることができます。

 

熱川バナナワニ園は珍しい熱帯植物の宝庫 2

シャウエリア・カリコトリカ
熱川バナナワニ園の温室で開花していた「シャウエリア・カリコトリカ」。ブラジル原産でキツネノマゴ科の植物です。といわれても、貴重な植物なのかどうかさえ分かりません…
キツネノマゴといえば日本では道ばたでよく見かける雑草です。しかも東アジアから東南アジアまで広く分布しているそうです。

シャウエリア・フラビコマ
こちらもブラジル原産のキツネノマゴ科の植物「シャウエリア・フラビコマ」。
まだ開花はしていないようで残念でした。

 

熱川バナナワニ園は珍しい熱帯植物の宝庫 1

ムセラ・ラシオカルパ
熱川バナナワニ園は温泉を利用した温室で、熱帯性の珍しい植物を見ることができます。
この花は「ムセラ・ラシオカルパ」、和名は「地湧金蓮」といって、中国雲南省原産のバナナの近縁種です。鮮やかな黄色の大きな花が遠目からでも目を引きます。 

コスタス・コモータス・ベーカリー
こちらは「コスタス・コモーサス・ベーカリー」という花で、中央アメリカ原産のジンジャーの仲間です。鮮やかな赤色が目を引きますが、実は黄色い細長い部分が花です。ちょうど開花していてラッキーでした。
 

東伊豆 南国の雰囲気の熱川バナナワニ園

熱川バナナワニ園2018
ワニ園と熱帯植物園が同居する熱川バナナワニ園。ブーゲンビリアが咲き乱れていて、園内に入る前からすでに南国の雰囲気です。(6月9日撮影)
この素朴な景観がとても良い感じです。

熱川バナナワニ園の温室2018
こちらのハスの温室も、様々な種類の花が開花していました。

 

沼津御用邸記念公園の大盃

大盃
沼津御用邸記念公園では、サツキの園芸品種「大盃」が見事に花を咲かせていました。
樹齢110年の大木で、中庭に咲いているとのこと。今まで何度もアジサイの季節に訪れていたのに気づきませんでしたが、現地に行ってその理由が判明。「中庭」とは別料金エリアの西付属邸の中庭でした。少し前にも中を見学したところなので、今回は外周の遊歩道からズームで撮影。次回は間近で見学してみたいです。

沼津御用邸記念公園のアジサイが開花しています 2018

沼津御用邸記念公園のアジサイ-1
沼津御用邸記念公園ではアジサイが開花し始めていました。
現在は主に白い色の品種が大輪の花を咲かせ見頃を迎えています。ブルーや紫のアジサイも少しずつ開花していて、見頃は1〜2週間後だと思われます。

沼津御用邸記念公園のアジサイ-2
アジサイは園内だけでなくエントランス・駐車場付近にも沢山見られるので無料でお花見が楽しめます。

 
Archives