櫛形山のサルガオゼ
櫛形山のカラマツの樹林帯では、場所によって多くのサルオガセを見ることができます。
サルオガセ(猿尾枷)はサルオガセ科サルオガセ属の地衣類の総称なのだそうです。主に落葉広葉樹の樹上に多く見られるそうですが、ここでは主にカラマツに垂れ下がっています。

櫛形山のサルガオゼ
サルオガセをアップで観察すると結構とげとげしています。
垂れ下がっているとレースの様に見えますが、触ってみると細い針金のような堅さを感じます。櫛形山では歩道のロープなどにも生えていたりするので間近に観察することが出来ました。