季節の花便り はなつうWEST Blog

季節の花便りを定期的に更新しています [ Information of Seasonal flowers in Japan ]

沼津 香貫山の紅葉 2019

香貫山の紅葉_201912
紅葉を求めて、沼津市の香貫山へウォーキング。
今年は台風の影響などであまりきれいに色づいていない印象です。
そんな中でも所々では美しい紅葉が楽しめました。(12月8日撮影)
今週末も天気が良さそうなので気持ちの良いお散歩が楽しめそうです。


沼津 発端丈山山頂の銀杏の木

発端丈山の銀杏の木-1
沼津市内浦地区の東側の低山・発端丈山はハイキングコースとして手頃で、また山頂からの富士山と駿河湾の眺望が素晴らしい人気の山です。その山頂のシンボルツリーの銀杏の木が、秋の台風で倒れてしまったとのことなので訪れてみました。
写真の通り無残に根元から折れてしまっています。枝振りが良く写真映えもする立派な銀杏だったのでとても残念です。


発端丈山の銀杏の木-2
倒れた枝にはまだ葉がついていて紅葉もしていました。来年の春には新しい芽が出てくることを期待します。

伊豆市 益山寺の紅葉 2019

益山寺の紅葉2019-1
伊豆市の郊外にある真言宗のお寺・益山寺(ましやまでら)は紅葉の名所です。
毎年11月下旬頃から銀杏や紅葉の紅葉が始まりますが、今年の紅葉にはまだ早かったようです。(12月1日撮影)
銀杏はまあまあ色づいていましたが、紅葉はまだまだです。秋の台風でダメージがあったようで、紅葉が進んでもそれほどきれいではないかもしれません。境内右奥の神社の脇では大木も倒れていました。


益山寺の紅葉2019-2
銀杏の葉が落葉すると境内が黄色い絨毯を敷いたようになるので、そのタイミングを狙っても良いですね。

櫛形山のサルオガセ

櫛形山のサルガオゼ
櫛形山のカラマツの樹林帯では、場所によって多くのサルオガセを見ることができます。
サルオガセ(猿尾枷)はサルオガセ科サルオガセ属の地衣類の総称なのだそうです。主に落葉広葉樹の樹上に多く見られるそうですが、ここでは主にカラマツに垂れ下がっています。

櫛形山のサルガオゼ
サルオガセをアップで観察すると結構とげとげしています。
垂れ下がっているとレースの様に見えますが、触ってみると細い針金のような堅さを感じます。櫛形山では歩道のロープなどにも生えていたりするので間近に観察することが出来ました。

櫛形山のカラマツ

櫛形山のカラマツ
櫛形山では、ハイキングコース沿いだけでもカラマツの巨木を何本も見かけます。
それぞれ樹齢100〜300年はありそうな、何本にも枝分かれしたみごとな樹形です。


櫛形山のカラマツ
その中でも最大と言われる樹齢300年ほどの巨木。日本一とも言われているそうです。


Archives