季節の花便り はなつうWEST Blog

季節の花便りを定期的に更新しています [ Information of Seasonal flowers in Japan ]

沼津御用邸記念公園の大盃

大盃
沼津御用邸記念公園では、サツキの園芸品種「大盃」が見事に花を咲かせていました。
樹齢110年の大木で、中庭に咲いているとのこと。今まで何度もアジサイの季節に訪れていたのに気づきませんでしたが、現地に行ってその理由が判明。「中庭」とは別料金エリアの西付属邸の中庭でした。少し前にも中を見学したところなので、今回は外周の遊歩道からズームで撮影。次回は間近で見学してみたいです。

沼津御用邸記念公園のアジサイが開花しています 2018

沼津御用邸記念公園のアジサイ-1
沼津御用邸記念公園ではアジサイが開花し始めていました。
現在は主に白い色の品種が大輪の花を咲かせ見頃を迎えています。ブルーや紫のアジサイも少しずつ開花していて、見頃は1〜2週間後だと思われます。

沼津御用邸記念公園のアジサイ-2
アジサイは園内だけでなくエントランス・駐車場付近にも沢山見られるので無料でお花見が楽しめます。

 

愛鷹山 黒岳山頂の自然杉

黒岳の自然杉
愛鷹山(愛鷹連峰)の黒岳は、なだらかな山頂と目の前に広がる富士山の絶景が特長で、家族連れも多く訪れる人気の山です。その黒岳の山頂付近には自然の大杉が林立している場所があります。 
胴回りは3M以上、樹齢は400年前後だそうです。全部で19本あり、裾野市の天然記念物に指定されています。

黒岳山頂
黒岳山頂付近はとてもなだらかで広く、広葉樹林帯が広がっています。ちょうど今頃は新緑の季節なので、写真のように色鮮やかで気持ちの良いハイキングコースとなっています。晴れれば北側に雄大な富士山を望むことができます。
ただ、近くにあるクレー射撃場の射撃音が途切れず、長居したいのに長居し難いところが残念です。
 

愛鷹山 ミツバツツジとアシタカツツジ

ミツバツツジ2018
愛鷹山の最高峰・越前岳のハイキングコース沿いにはこの地域でしか見られない固有種「アシタカツツジ」が多く自生しています。
5月12日現在、開花しているツツジの多くがトウゴクミツバツツジでした。標高の低い場所ではすでにちっている木が多く、山頂に近づくに従って満開の綺麗な花を咲かせていました。一方、アシタカツツジはまだほとんどがつぼみの状態で、見頃は1〜2週間後でしょうか。

アシタカツツジ2018
アシタカツツジも稀に開花はしています。トウゴクミツバツツジよりも少し濃いめの花色ですが、交雑種も多くてぱっと見だけでは見分けが付きにくいです。

 

沼津 オオキンケイギクが咲き始めました

オオキンケイギク1
愛鷹運動公園を散歩中に、車道沿いの駐車場の法面で鮮やかな黄色のコスモスを見つけました。しかし、コスモスにしては早すぎる開花です。よく調べてみると「オオキンケイギク」という花でした。
オオキンケイギクは北米原産のキク科の植物で、特定外来種に指定されています。許可無く栽培すると罰せられるとのこと。

オオキンケイギク2
その割には辺り一面開花間近のつぼみで覆われていて、普通に綺麗な風景になりそうです。ですが、この花は繁殖力がとても強く、観賞用やグランドカバーとして導入されたものの、周辺の在来種を一掃してしまうため、現在は栽培が禁止されています。
とても鮮やかで綺麗な花なんですけどね…

 
Archives