季節の花便り はなつうWEST Blog

季節の花便りを定期的に更新しています [ Information of Seasonal flowers in Japan ]

富士五湖 クマシデの実

クマシデの実2018-1
富士五湖の西湖の外周道路沿いを歩いているときにクマシデの実を見つけました。
シデの仲間は他にもイヌシデなどがあるそうですが、結構大きな実なのでクマシデだと思われます。

クマシデの実2018-2
ホップのような実がたくさん付いていますが、この時期は緑色なので車で通り過ぎるだけでは見逃しそうです。

 

熱川バナナワニ園 バナナとパパイヤ

バナナの実
熱川バナナワニ園の植物園は本園と分園に分かれていて、分園ではトロピカルフルーツやジンジャーなどを見ることができます。また、レッサーパンダなどの動物も飼育されています。
この写真はできたてのバナナの実です。これから大きく育ちます。

パパイヤの実
その他にも様々な種類のパパイヤやマンゴーも植えられていて、レストランでは取れたてのフルーツも食べることができます。

 

熱川バナナワニ園は珍しい熱帯植物の宝庫 2

シャウエリア・カリコトリカ
熱川バナナワニ園の温室で開花していた「シャウエリア・カリコトリカ」。ブラジル原産でキツネノマゴ科の植物です。といわれても、貴重な植物なのかどうかさえ分かりません…
キツネノマゴといえば日本では道ばたでよく見かける雑草です。しかも東アジアから東南アジアまで広く分布しているそうです。

シャウエリア・フラビコマ
こちらもブラジル原産のキツネノマゴ科の植物「シャウエリア・フラビコマ」。
まだ開花はしていないようで残念でした。

 

熱川バナナワニ園は珍しい熱帯植物の宝庫 1

ムセラ・ラシオカルパ
熱川バナナワニ園は温泉を利用した温室で、熱帯性の珍しい植物を見ることができます。
この花は「ムセラ・ラシオカルパ」、和名は「地湧金蓮」といって、中国雲南省原産のバナナの近縁種です。鮮やかな黄色の大きな花が遠目からでも目を引きます。 

コスタス・コモータス・ベーカリー
こちらは「コスタス・コモーサス・ベーカリー」という花で、中央アメリカ原産のジンジャーの仲間です。鮮やかな赤色が目を引きますが、実は黄色い細長い部分が花です。ちょうど開花していてラッキーでした。
 

東伊豆 南国の雰囲気の熱川バナナワニ園

熱川バナナワニ園2018
ワニ園と熱帯植物園が同居する熱川バナナワニ園。ブーゲンビリアが咲き乱れていて、園内に入る前からすでに南国の雰囲気です。(6月9日撮影)
この素朴な景観がとても良い感じです。

熱川バナナワニ園の温室2018
こちらのハスの温室も、様々な種類の花が開花していました。

 
Archives