季節の花便り はなつうWEST Blog

季節の花便りを定期的に更新しています [ Information of Seasonal flowers in Japan ]

熱川バナナワニ園は珍しい熱帯植物の宝庫 2

シャウエリア・カリコトリカ
熱川バナナワニ園の温室で開花していた「シャウエリア・カリコトリカ」。ブラジル原産でキツネノマゴ科の植物です。といわれても、貴重な植物なのかどうかさえ分かりません…
キツネノマゴといえば日本では道ばたでよく見かける雑草です。しかも東アジアから東南アジアまで広く分布しているそうです。

シャウエリア・フラビコマ
こちらもブラジル原産のキツネノマゴ科の植物「シャウエリア・フラビコマ」。
まだ開花はしていないようで残念でした。

 

熱川バナナワニ園は珍しい熱帯植物の宝庫 1

ムセラ・ラシオカルパ
熱川バナナワニ園は温泉を利用した温室で、熱帯性の珍しい植物を見ることができます。
この花は「ムセラ・ラシオカルパ」、和名は「地湧金蓮」といって、中国雲南省原産のバナナの近縁種です。鮮やかな黄色の大きな花が遠目からでも目を引きます。 

コスタス・コモータス・ベーカリー
こちらは「コスタス・コモーサス・ベーカリー」という花で、中央アメリカ原産のジンジャーの仲間です。鮮やかな赤色が目を引きますが、実は黄色い細長い部分が花です。ちょうど開花していてラッキーでした。
 

東伊豆 南国の雰囲気の熱川バナナワニ園

熱川バナナワニ園2018
ワニ園と熱帯植物園が同居する熱川バナナワニ園。ブーゲンビリアが咲き乱れていて、園内に入る前からすでに南国の雰囲気です。(6月9日撮影)
この素朴な景観がとても良い感じです。

熱川バナナワニ園の温室2018
こちらのハスの温室も、様々な種類の花が開花していました。

 

沼津御用邸記念公園の大盃

大盃
沼津御用邸記念公園では、サツキの園芸品種「大盃」が見事に花を咲かせていました。
樹齢110年の大木で、中庭に咲いているとのこと。今まで何度もアジサイの季節に訪れていたのに気づきませんでしたが、現地に行ってその理由が判明。「中庭」とは別料金エリアの西付属邸の中庭でした。少し前にも中を見学したところなので、今回は外周の遊歩道からズームで撮影。次回は間近で見学してみたいです。

沼津御用邸記念公園のアジサイが開花しています 2018

沼津御用邸記念公園のアジサイ-1
沼津御用邸記念公園ではアジサイが開花し始めていました。
現在は主に白い色の品種が大輪の花を咲かせ見頃を迎えています。ブルーや紫のアジサイも少しずつ開花していて、見頃は1〜2週間後だと思われます。

沼津御用邸記念公園のアジサイ-2
アジサイは園内だけでなくエントランス・駐車場付近にも沢山見られるので無料でお花見が楽しめます。

 
Archives